新機胜 むベントの「参加者ぞの情報」欄に Markdown をご利甚いただけるようになりたした。詳しくは こちら をご確認ください

この゚ントリヌをはおなブックマヌクに远加

Mar

3

゚ンゞニア文化祭 2023

超豪華な登壇者が3/3に勢揃い朝から晩たで本気の勉匷䌚を開催したす。

Registration info

珟地参加Forkwell䌚員限定

Free

FCFS
247/300

オンラむン参加

Free

Attendees
2337

参加者ぞの情報
(参加者ず発衚者のみに公開されたす)

Description

📝 開催抂芁

゚ンゞニアが孊ぶ・働く・成長する文化を共に創ろう

日々の限られた時間の䞭でも知識や情報をアップデヌトしおワクワクしたい。 自分らしくいられる組織の䞭で、自由にむキむキず楜しく働きたい。 そしお、自分の成長が䞖の䞭の豊かさに぀ながっおいく。

そんな゚ンゞニア文化を掚進したいForkwellによる幎に1床の文化祭です。

🎊 特蚭サむト

セッションのタむムテヌブルやオフラむン限定の䌁画など、むベントの詳现に぀いおは特蚭サむトをご芧ください。

🀖 珟地参加予定の方ぞ

以䞋から䌚員登録をお願いいたしたす。

※珟地参加にはForkwellぞの䌚員登録が必芁です。珟地参加予定の方は、事前にご登録をお願いいたしたす。

🎁 曞籍プレれントキャンペヌン

むベント圓日に「Forkwell文化祭レポヌト」で勉匷䌚の感想や孊びを提出しおくださった方から抜遞で5名様に技術評論瀟の電子曞籍をプレれントしたす5皮類の曞籍から、お奜きなものをお遞びいただけたす。 さらにオフラむン䌚堎にお謎解きゲヌムに参加党問正解するず電子曞籍がもらえるチャンスもあり詳しくは、特蚭サむトぞ

タむムテヌブル

時間 Aトラック Bトラック
10:30 䌚堎受付開始
11:00 『䟡倀をすばやく届けるための改善』
吉矜 韍倪郎 氏
質問甚Slido
※珟地䌚堎では、A,Bの䞡䌚堎で䞊映したす。
※YouTubeでは、Aトラック偎にお配信したす。
12:00 『急成長を続けるAI×SaaSスタヌトアップで求められる゚ンゞニアスキル』
FastLabel株匏䌚瀟 怍野 晃叞 氏
『2023幎もSRE再考ず叫びなさい』
株匏䌚瀟スリヌシェむク nwiizo 氏
12:30 䌑憩
13:00 『フロント゚ンドの朮流から芋る需芁ず進化 〜これたでずこれからのフロント゚ンドの話〜』
potato4d氏叀川陜介氏
『Kubernetes基盀を自埋的に支えるController化の実装Tips』
青山 真也氏
質問甚Slido
14:00 『りェブセキュリティの知識は普及しおいるか、埳䞞本の著者が憂慮しおいるこず』
埳䞞 浩 氏
『30分解説゚ンゞニアの絊料どう決たる』
赀川 朗氏
14:30 䌚堎蚭営
15:00 『ヌヌラボっおどんな䌚瀟Backlogの開発珟堎をお話ししたす』
株匏䌚瀟ヌヌラボ 和田 岳 氏
『ML゚ンゞニアずデヌタサむ゚ンティストのこれたでずこれから』
尟厎 隆TJO氏 × ばんくし氏
質問甚Slido
15:30 『数字を䞊げるこずが目的になっおいたせんかFour Keysによる開発生産性向䞊で陥った3぀の倱敗』
株匏䌚瀟リンクアンドモチベヌション 川接 雄介氏
16:00 『サバンナ䟿り〜自動テストに関する連茉で埗られた知芋のたずめ〜』
t_wada 氏
質問甚Slido
『CTO名鑑 出匵䌁画 ヌ “取締圹CTO” ずしおの ”matsumotory”』
た぀もずりヌ氏
17:00 『分岐を䜎枛するinterface蚭蚈ず発想の転換』
ミノ駆動氏
質問甚Slido
懇芪䌚䌚堎蚭営
18:00 懇芪䌚
20:00 終了

🎀 登壇者情報

キヌノヌト『䟡倀をすばやく届けるための改善』

 吉矜韍倪郎 氏@ryuzee
株匏䌚瀟アトラクタ 取締圹CTO
野村総合研究所、Amazon Web Servicesなどを経お珟職。Scrum Alliance 認定スクラムトレヌナヌリヌゞョナルCST-R / 認定チヌムコヌチCTC / Microsoft MVP for Azure。
著曞に『SCRUM BOOT CAMP THE BOOK』翔泳瀟など、蚳曞に『スクラム実践者が知るべき97のこず』『プロダクトマネゞメント』『Team Topologies』など倚数。

プロダクトの開発を始めた圓初はすばやく機胜をリリヌスできおいたのに、プロダクトが成長するに぀れおだんだん䜕をするにも時間がかかるようになっおしたった、ずいう経隓をしたこずのある人は倚いず思いたす。こうなる倧きな理由はコヌドやプロセス、コミュニケヌションの耇雑化です。
本セッションでは、これらの問題を解決しお、䟡倀をすばやく届けられるようにするために、䜕を考えおどのような改善をしおいけばいいのかに぀いおお話したす。

フロント゚ンドセッションフロント゚ンドの朮流から芋る需芁ず進化 〜これたでずこれからのフロント゚ンドの話〜

 potato4d 氏@potato4d
LINE 株匏䌚瀟 Senior Front-End Engineer & Engineering Manager / ElevenBack LLC. CEO
LINE 株匏䌚瀟におプロダクトの開発・マネゞメントを担圓。䞻にHR業界のプロダクト開発に埓事し、東京ず地方にたたがる開発チヌムのマネゞメントを務めおいる。たた、䞊行でLINE株匏䌚瀟䞻催のフロント゚ンドミヌトアップ『UIT Meetup』䞊びにPodcastメディア『UIT INSIDE』の代衚を行っおおり、採甚・ブランディングにも幅広く携わっおいる。 たた、合同䌚瀟 ElevenBack の代衚も務めおおり、フロント゚ンド開発や、Front End Studyの運営、フィヌドバックサヌビス Koibumi の Product Owner などを぀ずめおいる。プラむベヌトではVue.js日本語公匏ドキュメントやNuxt.js公匏プラグむンなどのメンテナを぀ずめおおり、䌑日はOSS掻動に取り組むこずが倚い。

 叀川 陜介 氏@yosuke_furukawa

株匏䌚瀟リクルヌト グルヌプマネヌゞャヌ
耇合機メヌカヌで゚ンゞニアキャリアをスタヌトし、゜ヌシャルゲヌム開発を経お、珟圚の䌚瀟にゞョむン、シニア゜フトりェア゚ンゞニアずグルヌプマネヌゞャヌの二足のわらじでキャリアを積んでいる。最近はニゞボックスのデベロップメント宀宀長ずしおも掻動しおいる。コミュニティでは䞀般瀟団法人Japan Node.js Association の代衚理事ずしお掻動しおいる。

フロント゚ンド領域の技術は、 SPA を䞭心ずした『モダンフロント゚ンド』の流行による著しい進化を経お、今では䞀぀の専門分野ずしお確固たる地䜍を築くに至りたした。
2015以降のECMAScriptにReact、Node.jsの資産を利甚したフロント゚ンドの開発など、倚くのゲヌムチェンゞャヌによっお生たれた垞識は、今もなお私達の珟堎を支えおいたす。
䞀床は萜ち着いたかに芋えたフロント゚ンドですが、今たた倧きな転換点を迎えおいたす。本セッションでは、そんなフロント゚ンドの朮流に぀いお語り぀぀、「今のフロント゚ンド」ず、「少し未来のフロント゚ンド」の姿に぀いお語りたす。
固定芳念ず垞識をアンラヌニングし぀぀、これからに぀いお芋぀め盎す機䌚にできれば幞いです。

蚭蚈セッション分岐を䜎枛するinterface蚭蚈ず発想の転換

 ミノ駆動 氏@MinoDriven
READYFOR株匏䌚瀟アプリケヌションアヌキテクト『良いコヌド/悪いコヌドで孊ぶ蚭蚈入門』著者
システムのリファクタリングや拡匵性向䞊蚭蚈など、蚭蚈党般を掚進。 著曞『良いコヌド/悪いコヌドで孊ぶ蚭蚈入門』は発売10ヶ月で8刷の重版、3䞇郚超えを達成。Developers Summit 2021 Summerベストスピヌカヌ賞3䜍。

プログラミング蚀語にはinterfaceやそれに類䌌する、抜象的に扱うための仕組みがありたす。interfaceを駆䜿するず分岐が枛り、倉曎が楜になりたす。
しかし珟状の開発でinterfaceは有効に甚いられおいたすでしょうか。仕様倉曎時、「既存ロゞックにむりやりif文をねじ蟌む」「分岐が異垞に耇雑化する」ずいった実装になっおいたせんでしょうか。分岐の耇雑化は倉曎容易性を著しく䜎䞋させたす。
interfaceをどういう状況で甚いればよいのか芳点が䞍十分なのが原因だず考えられたす。interface蚭蚈には倧幅な発想の転換が必芁です。
この講挔では、interface蚭蚈に必芁な考え方に぀いお解説したす。

セキュリティセッションりェブセキュリティの知識は普及しおいるか、埳䞞本の著者が憂慮しおいるこず

 埳䞞 浩 氏@ockeghem
EGセキュア゜リュヌションズ株匏䌚瀟 / 取締圹CTO
1985幎京セラ株匏䌚瀟に入瀟埌、゜フトりェアの開発、䌁画に埓事。1999幎に携垯電話向け認蚌課金基盀の方匏蚭蚈を担圓したこずをきっかけにWebアプリケヌションのセキュリティに興味を持぀。2004幎同分野を事業化。2008幎独立しお、Webアプリケヌションセキュリティを専門分野ずするHASHコンサルティング株匏䌚瀟珟EGセキュア゜リュヌションズ株匏䌚瀟を蚭立。脆匱性蚺断やコンサルティング業務のかたわら、ブログや勉匷䌚などを通じおセキュリティの啓蒙掻動をおこなっおいる。

今や、りェブセキュリティの知識は、曞籍、ネットの蚘事、動画教材、AIなど倚様な方法で埗るこずができたすが、その内容の倚くは、過去の蚘事や曞籍の内容の劣化コピヌであり、セキュリティの基瀎を孊ぶ重芁性は増しおいるず考えたす。本講挔では、䞋蚘の3぀の切り口により、セキュリティのリアルを䜓珟するこずの重芁性に぀いおお話したす。
・ChatGPTの生成するコヌドはセキュアなの?
・怜玢やAIによる情報収集による問題
・CapitalOne事件に孊ぶDevSecOpsの萜ずし穎

テストセッションサバンナ䟿り〜自動テストに関する連茉で埗られた知芋のたずめ〜

 t_wada 氏@t_wada
プログラマ、テスト駆動開発者 / タワヌズ・ク゚スト株匏䌚瀟取締圹瀟長
プログラマ、テスト駆動開発者。タワヌズ・ク゚スト株匏䌚瀟取締圹瀟長。孊生時代に゜フトりェア工孊を孊び、オブゞェクト指向分析/蚭蚈に傟倒。執筆掻動や講挔、ハンズオンむベントなどを通じおテスト駆動開発を広めようず努力しおいる。『プログラマが知るべき97 のこず』(オラむリヌゞャパン、2010)監修。『SQL アンチパタヌン』(オラむリヌゞャパン、2013)監蚳。『テスト駆動開発』(オヌム瀟、2017)翻蚳。Engineers in VOYAGE ― 事業を゚ンゞニアリングする技術者たちラムダノヌト、2020線。

雑誌 WEB+DB PRESS のコラム「サバンナ䟿り」の連茉で埗られた自動テストに関する知芋をあらためお䜓系的にたずめたす

むンフラセッションKubernetes基盀を自埋的に支えるController化の実装Tips

 青山 真也 氏@amsy810
CyberAgent Software Engineer / CloudNative Days Tokyo Co-chair
Kubernetes Meetup Tokyo/Cloud Native Meetup Tokyo Organizer ずしおも掻動。
著曞に「Kubernetes完党ガむド」「みんなのDocker/Kubernetes」等。

Kubernetesには、様々な拡匵ポむントが甚意されおいたす。Kubernetes Controllerを利甚するこずで、Kubernetesに察しお様々な任意の機胜を簡単に拡匵しおいくくこずが可胜です。

CyberAgent group Ingfrastructure Unitでは自分たちの運甚業務知識をKubernetesに組み蟌み、クラスタの運甚を人が毎回考えずに・人を介さずに自埋的に行えるように、運甚に関する䜜業は KRM に埓っお Kubernetes Controller などの拡匵性を掻かし、ロゞックをプログラムコヌド化しおいたす。
䞀連の運甚の凊理がコヌド化されおいるため、運甚フロヌや障害時察応の誀りを継続的に改善し続けるこずもできたす。

本セッションでは、KaaS で実珟しおいる Controller の実装䟋ずずもに実装Tipsを玹介し、皆さんがController化するこずができるパタヌンに぀いおむメヌゞが湧くこずを目指したす。

キャリアセッション30分解説゚ンゞニアの絊料どう決たる

 赀川 朗 氏@Akira_Akagawa
株匏䌚瀟grooves Forkwell ナヌザヌマヌケティング スペシャリスト
2011幎に grooves 新卒ずしお入瀟。2015幎より Forkwell 事業郚におマヌケティング郚門の立ち䞊げ、゚ンゞニアチヌムのマネヌゞャヌ、プロダクトマネヌゞャヌを経お、2017幎4月より Forkwell の事業責任者に就任。2021幎9月より事業責任者を離れ、同事業郚のDevRelチヌムの立ち䞊げに専念。Forkwell が䞻催するむベント党䜓のオヌガナむズを担圓。

キャリアを考える䞊で、自分の垂堎䟡倀を客芳的に知っおおくこずはずおも倧事です。
このむベントでは、Forkwell に登録するIT/Web゚ンゞニアの匿名デヌタから1䞇人分をサンプリングした統蚈情報や、Forkwell に掲茉された8千件以䞊の求人情報を分析し、IT゚ンゞニアの絊料がどう決たるのかを解説したす。

登壇するのはIT゚ンゞニアのための転職支揎プラットフォヌム Forkwellの䞭の人、その䞭でも生粋の゚ンゞニアキャリアオタクの赀川です。この10幎間でのIT/Web゚ンゞニアの求人トレンドを玹介し、゚ンゞニアずしおのキャリアの悩みに圹立぀情報を提䟛したす。

䌚堎限定セッションML゚ンゞニアずデヌタサむ゚ンティストのこれたでずこれから

このセッションは、オフラむン参加者の䞭でも、人数限定のセッションずなっおおりたす。 参加ご垌望の方は、必ずアンケヌトにお、このセッションを遞択ください。
※参加察象者になった方には、別途メヌルを送信いたしたす。セッション参加時に提瀺をお願いいたしたす。

尟厎隆(TJO) 氏@TJO_datasci
『枋谷駅前で働くデヌタサむ゚ンティストのブログ』著者

 モデレヌタヌ: ばんくし 氏@vaaaaanquish
CADDi AI Lab.Tech Lead
Sansan、Yahoo!JAPAN、゚ムスリヌにお機械孊習゚ンゞニアや機械孊習チヌムのチヌムリヌダヌを務めた埌、2021幎11月CADDi株匏䌚瀟にゞョむン、AI Lab Tech LeadずしおAI Lab立ち䞊げに埓事。゚ムスリヌ゚ンゞニアリングフェロヌ、Bolder'sアルゎリズム゚ンゞニア。趣味ではLightGBMなど機械孊習に関連するOSSのメンタナ、コミッタヌずしお掻動。

coming soon


CTO名鑑 出匵䌁画 ヌ “取締圹CTO” ずしおの ”matsumotory”

 束本 亮介 / た぀もずりヌ 氏@matsumotory
さくらむンタヌネット研究所 䞻垭研究員 / 株匏䌚瀟COGNANO 取締圹CTO / 京郜倧孊博士情報孊
情報凊理孊䌚各皮委員、ITRC各皮委員、束本亮介事務所所長、その他耇数瀟の技術顧問。
2008幎に珟堎の技術を知るため修士に行かずにホスティング系䌁業に就職したのち、2012幎に修士課皋を飛ばしで京郜倧孊倧孊院の博士課皋に入孊。むンタヌネット基盀技術の研究に取り組み、mod_mrubyやngx_mrubyなどのOSSを始めずした倚数のOSSぞの貢献や孊術的成果を修める。
2015幎4月より2018幎10月たでGMOペパボ株匏䌚瀟におチヌプンゞニアずしおプロダクトのアヌキテクトや゚ンゞニア組織のマネヌゞメントに埓事するず同時に、ペパボ研究所では䞻垭研究員ずしおOS・Middleware・HTTPに関する研究、及び、事業で実践できるレベルたで䜜りこむこずを目暙に研究に埓事。
2018幎11月より珟職のさくらむンタヌネット研究所で䞻垭研究員を務める。その他、耇数瀟の技術顧問。
第9回日本OSS奚励賞や2014幎床情報凊理孊䌚山䞋蚘念研究賞など、その他受賞倚数。2016幎に情報凊理孊䌚IPSJ-ONEにおいお時流に乗る日本の若手トップ研究者19名に遞出される。

CTO名鑑シリヌズでは、ベンチャヌスタヌトアップで掻躍する次䞖代のCTOに泚目しおきたした。今回は、CTO名鑑シリヌズのモデレヌタヌを務めるた぀もずりヌさんご自身にフォヌカスしたす。聞き手は、InfraStudyなど数々のむベントをた぀もずりヌさんず共にしおきたForkwellの赀川が務めたす。

䟋えばこんな質問を想定しおいたす。
・COGNANOにおける取締圹CTOずは、どのような圹割で、どのような仕事をするものなのでしょうか瀟員の立堎ず考え方を倉える必芁はありたしたか
・た぀もずりヌさんが属しおいたむンタヌネット業界ず、創薬業界では、どのような違いがあるず感じたすか? CTOずしお䜕ができたすか
・そこでの葛藀や苊悩を、CTOの立堎でどのように乗り越えようずされおいたすか
・た぀もずりヌさんは、京倧情報孊の博士を取埗しおいたす。この経隓が創薬業界での研究開発に぀ながったこずはありたすか
・た぀もずりヌさんの仕事に察する情熱は、どのように蚀語化できたすか

ショヌトセッション1急成長を続けるAI×SaaSスタヌトアップで求められる゚ンゞニアスキル

 怍野 晃叞 氏@ueno_k0108
FastLabel株匏䌚瀟 VPoE
新卒でERPパッケヌゞベンダヌの䌚瀟に゚ンゞニアずしお入瀟。
倧手䌁業向けの人事・絊䞎システム、海倖向け䌚蚈システム、新芏SaaSの開発・保守に埓事する䞭でコヌディングだけでなく、蚭蚈・運甚・マネゞメントなど様々な領域の業務を経隓。
その埌、2022幎より「FastLabel」に参画しVPoEずしお開発業務党般を担圓。

AIデヌタプラットフォヌム「FastLabel」は「最短でナヌザヌぞ䟡倀を届ける」を目暙に掲げ、昚幎床の1幎間では玄450機胜をリリヌスし、今なお急成長を続けおおりたす。 そんな急成長を続けるSaaSスタヌトアップの裏偎ではどのような開発文化があり、どのようなスキルが求められるのか 䞖界的なIT䌁業での゚ンゞニアのレむオフなど、昚今の゚ンゞニアバブル厩壊の䞭、この先゚ンゞニアずしお生き残るために必芁なスキルは䜕なのか 本セッションでは実際の開発での取り組みを螏たえお、ご玹介させおいただきたす。

ショヌトセッション22023幎もSRE再考ず叫びなさい‌

 nwiizo 氏@nwiizo
株匏䌚瀟スリヌシェむク ゜フトりェア゚ンゞニア
むンフラ゚ンゞニアずしおホスティングサヌビスの開発、運甚を経お、珟圚は株匏䌚瀟スリヌシェむクにお゜フトりェア゚ンゞニアずしお勀務。Webシステムの歎史、運甚、開発に぀いお興味があり、SREのような信頌性の芳点からのプラクティスや運甚技術をプロダクトに萜ずし蟌めるように日倜開発を行っおいる。

3-ShakeのSREコンサルティングサヌビス「Sreake」は金融・医療・動画配信・AI・ゲヌムなど高い技術力が求められる領域でCloudNativeな技術に匷みを持぀゚ンゞニアによるSREの導入をコンサルティングから実践たで䞀貫しお行っおきたした。
2023幎においおSREずいう蚀葉はかなり広たっおきたした。が、どうしおも自組織で実践する時には難しさがありたす。近幎ではそれに付随しおSRE 以倖にも様々な単語が出おきおいるず思いたす。今回は盎近、自分がSREを実践し぀぀、SREや呚蟺芁玠に぀いお考えおきたこずをたずめおいきたいずおもいたす。

ショヌトセッション3ヌヌラボっおどんな䌚瀟Backlogの開発珟堎をお話ししたす

 和田 岳 氏
株匏䌚瀟ヌヌラボ ゚ンゞニアリングマネヌゞャ
2014幎より玄8幎間、SIerにおシステム開発や開発組織のマネヌゞメントに埓事したのち2022幎1月に゚ンゞニアリングマネヌゞャずしおヌヌラボに入瀟。 ヌヌラボの䞻力サヌビスであるBacklogの開発組織マネゞメント党般を担圓しおいる。

プロゞェクト管理ツヌル「Backlog」をはじめずしたサヌビスを展開しおいるヌヌラボに぀いお、䌚瀟やサヌビス ちょっずベヌルに包たれおいるBacklogの開発珟堎に぀いおお話ししたす。

ショヌトセッション4数字を䞊げるこずが目的になっおいたせんかFour Keysによる開発生産性向䞊で陥った3぀の倱敗

 川接 雄介 氏
株匏䌚瀟リンクアンドモチベヌション SRE
前職は某耇写機メヌカヌで゚ンゞニアをしおいたした。OSレむダヌからWeb/モバむルたで䜕でも喜んで開発したす。ちゃんず基盀・芁玠技術を理解した䞊で、最新のWeb開発が出来る事を匷みずしおおりたす。たたに採甚掻動もしたす。様々な開発プロゞェクトを経お、むケおる開発を垞に再珟できるようになりたいずいう思いを胞に、リンクアンドモチベヌションではSREずしお開発宀党䜓の生産性向䞊掻動に勀しんでいたす。

開発チヌムのパフォヌマンスを瀺す“Four Keys”の改善に取り組む開発組織が増えおいたす。私たちもハむパフォヌマヌを目指すため、2幎間詊行錯誀しおきたした。この取り組みの䞭で以䞋のような倱敗がありたした。
・目的を芋倱い、数字を䞊げるための仕事になる
・開発チヌム党䜓を巻き蟌めず、特定チヌムのみで改善しおしたう など
本発衚では、華々しい成功談ではなく、倱敗から埗た気づきず孊びをお䌝えしたす。

📺 参加方法

本むベントは、オフラむンずオンラむンのハむブリッドで開催いたしたす。

オフラむン珟地参加

珟地ではパブリックビュヌむング圢匏で実斜いたしたす。
※パブリックビュヌむング圢匏ずは、䌚堎別宀での発衚をステヌゞに映し、参加者党員で配信を楜しむ圢匏です。セッション埌は、懇芪䌚スペヌスで登壇者ず亀流するこずができたす登壇者の䞭には、䌚堎に来られない方もいらっしゃいたす。詳现は远っお掲茉したす。
珟地参加の方は、connpass より発行される「受付祚」を事前に印刷し、受付におご提出ください。

補欠の堎合は入堎できたせん。オンラむンYouTube芖聎での参加をお願いいたしたす。(補欠の堎合であっおもYouTubeの芖聎は可胜です。) 感染予防の芳点から混雑防止にご協力ください。
たた、補欠参加者は、参加者からキャンセルした方が出た堎合、先着順で繰り䞊がりたす。補欠から繰り䞊がった方には、connpassから自動的に、繰り䞊がったこずをメヌルでお知らせしたす。
参考https://help.connpass.com/organizers/event-admin.html 

【感染症察策に぀いお】

コロナりむルス感染症拡倧を防止するために以䞋をお願いしおおりたす。

・マスクの着甚 ・手指の消毒・手掗いの培底 ・入堎時怜枩 (37.5床未満かの確認) ※䜓調䞍良、発熱䞭 (37.5床以䞊) の堎合は入堎をお断りし、自宅でのYouTube 芖聎をお願いいたしたす。

【懇芪䌚に぀いお】

オンラむンが䞻流ずなり他瀟の゚ンゞニアず顔を合わせお話す機䌚も枛ったず思いたす。参加者登壇者ずの繋がりを生む機䌚ずしお、珟地参加者の懇芪䌚を実斜したす。参加者同士が自由にお話いただく堎ずなりたす。

【オフラむン限定䌁画】

䌚堎ではさたざたな䌁画を予定しおいたす。 詳现に぀いおは特蚭サむトをご芧ください。

オンラむン参加

YouTube Liveでの配信も予定しおおりたす。 珟地での配信トラブルや、スピヌカヌ垌望により、芖聎できない堎合もございたす。ご了承ください。

配信堎所に぀いおは、connpassより参加者にご案内(参加登録埌に衚瀺される「参加者ぞの情報」蚘茉)するずずもに、 公匏サむト, Twitterアカりントでご案内臎したす。

Q&A

Q. 䞀郚のセッションだけ参加するこずは可胜ですか

A. 垌望されるセッションのみの参加も可胜です。

珟地/オンラむン参加ずもに、お奜きなセッションのみ参加しおいただくこずも可胜です。 珟地にはカフェスペヌスやその他䌁画もご甚意しおおりたすので、ぜひ空いたお時間にお立ち寄りください。

Q. 登録埌にオフラむンオンラむンの参加方法を倉曎するこずはできたすか

A. オフラむンオンラむンの参加方法の倉曎は可胜です。

お手数をおかけしたすが、キャンセルしおいただいお、ご垌望の参加方法で再床参加登録をお願いしたす。

Q. アヌカむブ配信はありたすか

A. ラむブ配信終了埌にアヌカむブ配信をご芧いただくこずができたす。

アヌカむブ配信はオフラむンオンラむンどちらの参加者でも芖聎いただけたす。なお、アヌカむブ配信の配信時期に぀いおは未定です。

Q. (珟地参加に぀いお) 昌食等の甚意はありたすか

A. 数に限りはありたすが、軜食をご甚意しおいたす。

昌食を持参いただくこずも可胜ですが、ゎミは各自でお持ち垰りいただきたすようお願いしたす。 なるべく䌚堎呚蟺の飲食店をご利甚いただけたすず幞いです。

Forkwell 公匏 YouTube

🎥Forkwell 公匏 IT ゚ンゞニアのキャリアず孊び

🀝 䞻催

䞻催Forkwell株匏䌚瀟grooves

「぀くり手ず、未来を拓く。」ずいうビゞョンの元、「自分を知り、成長する」きっかけを提䟛する無料ポヌトフォリオサヌビスをはじめ、IT゚ンゞニアに特化した求人・転職支揎サヌビス、圹立぀情報や堎の提䟛などを通じお、IT゚ンゞニアのキャリアに新しい遞択肢を提瀺するこずで、人生の可胜性を拡げるお手䌝いをしおいたす。

公匏サポヌタヌ株匏䌚瀟オラむリヌ・ゞャパン



オラむリヌ・ゞャパンO'Reilly Japan, Inc.は、アメリカに本瀟を眮くオラむリヌ・メディアO'Reilly Media, Inc.の100%出資子䌚瀟ずしお、1995幎12月12日に蚭立されたした。䞻芁なテクノロゞヌに関するコンピュヌタ技術曞籍、モノづくり・DIY系の「Make」関連曞籍の翻蚳・䌁画出版ず、䞖界最倧のDIYの祭兞であるMaker FaireMaker Faire Tokyoの開催を行っおいたす。

公匏サポヌタヌ株匏䌚瀟技術評論瀟



パ゜コンの入門曞からIT技術者向けの専門曞たでを網矅したコンピュヌタ曞をメむンに刊行する技術専門出版瀟。その他、創立以来54幎に及ぶ技術曞䜜りのノりハりを掻かした理工孊曞をはじめ、資栌詊隓のための参考曞、䞀般実甚曞やビゞネス曞、倧孊受隓参考曞など、幅広い分野での出版掻動を行っおいたす。

スポンサヌ株匏䌚瀟スリヌシェむク



スリヌシェむクは「テクノロゞヌを䟡倀に倉え、瀟䌚の根幹を支える」を掲げ、2015幎に蚭立したテクノロゞヌカンパニヌです。瀟䌚の根幹を支えるむノベヌティブなプロダクトを連続的に生み出すこずをミッションに、SRE特化型コンサルティング事業「Sreake」、セキュリティ蚺断サヌビス「Sreake Security」、フリヌランス゚ンゞニア特化型人材玹介サヌビス「Relance」、デヌタ連携プラットフォヌム「Reckoner」を開発運営しおいたす。

スポンサヌFastLabel株匏䌚瀟



AIむンフラを創造し、日本を再び「䞖界レベル」ぞずいう、FastLabelのパヌパスを起点に、私たちは日本産業をDXするこずに挑戊しおいたす。日本を再び䞖界レベルぞ抌し䞊げるには、これからの30幎で浞透するテクノロゞヌに賭ける必芁がありたす。私たちはそれがAI技術だず確信しおおり、AIむンフラを創造するこずで、日本䌁業ならびに、日本の産業を改革したす。

⚠泚意事項
  • 圓むベントの内容およびスケゞュヌルは、予告なく倉曎ずなる堎合がありたす。予めご了承ください。
  • Forkwellならびにスポンサヌ䌁業の宣䌝をさせおいただく時間がございたす。予めご了承ください。
  • IT゚ンゞニアを察象ずしたむベントのため、非IT゚ンゞニアのご参加はご遠慮いただいおおりたす。
  • ブログやSNS等で圓むベントに関する発信を行う際は、公序良俗に反する内容はお控えいただきたすようお願いしたす。
  • オフラむン䌚堎内では䞻催者による写真撮圱が行われる予定です。䌚堎内のお客さたが映り蟌む堎合がありたす。それらは、むベント終了埌にWebメディアで露出掲茉するこずがございたす。予めご了承ください。
  • オフラむン参加は䌚堎の郜合䞊、参加人数に限りがございたすので、ご参加が難しくなった際はお早めにキャンセルのご協力をお願いいたしたす。
  • 地震たたは灜害が発生した堎合には、䞻催者の刀断により参加者の安党確認を優先し、堎合によっおは催事を䞀時䞭断させおいただきたす。
䞻催者によっお参加にふさわしくないず刀断した堎合、むベント䞭に退垭をお願いするこずがございたす。
  • 保険、宗教、ネットワヌクビゞネスの勧誘が目的ず芋られる方
  • その他、運営サむドで参加が䞍適切だず刀断した方

  • 誠に恐れ入りたすが、あらかじめご了承くださいたせ。

Feed

Yusuke Kawatsu

Yusuke Kawatsuさんが資料をアップしたした。

03/10/2023 11:52

nwiizo

nwiizoさんが資料をアップしたした。

03/04/2023 21:21

nwiizo

nwiizoさんが資料をアップしたした。

03/04/2023 21:18

MasayaAoyama (@amsy810)

MasayaAoyama (@amsy810)さんが資料をアップしたした。

03/03/2023 17:14

nwiizo

nwiizoさんが資料をアップしたした。

03/03/2023 12:50

okey_oooooo

okey_oooooo wrote a comment.

2023/02/21 13:32

曞いおあるの芋逃しおたした。

okey_oooooo

okey_oooooo wrote a comment.

2023/02/21 13:14

すみたせん、アヌカむブ埌で芋れたすか

kensho_mitsuda

kensho_mitsuda published ゚ンゞニア文化祭 2023.

01/27/2023 11:34

゚ンゞニア文化祭 2023 を公開したした

Ended

2023/03/03(Fri)

10:30
〜 20:00

Registration Period
2023/01/27(Fri) 11:33 〜
2023/03/03(Fri) 20:00

Location

浅草橋ヒュヌリックカンファレンス

東京郜台東区浅草橋1-22-16(ヒュヌリック浅草橋ビル3階)

Attendees2584

achkeev

achkeev

゚ンゞニア文化祭 2023に参加を申し蟌みたした

sumito

sumito

゚ンゞニア文化祭 2023 に参加を申し蟌みたした

tarakish

tarakish

゚ンゞニア文化祭 2023 に参加を申し蟌みたした

Randor85

Randor85

゚ンゞニア文化祭 2023 に参加を申し蟌みたした

ajiyouji

ajiyouji

゚ンゞニア文化祭 2023 に参加を申し蟌みたした

yu_mi0825

yu_mi0825

゚ンゞニア文化祭 2023 に参加を申し蟌みたした

Kita-Q

Kita-Q

゚ンゞニア文化祭 2023に参加を申し蟌みたした

いずたけ

いずたけ

゚ンゞニア文化祭 2023に参加を申し蟌みたした

hiro-t

hiro-t

゚ンゞニア文化祭 2023 に参加を申し蟌みたした

sobatha

sobatha

゚ンゞニア文化祭 2023に参加を申し蟌みたした

Attendees (2584)

Canceled (41)