機能改善 イベント編集時の「重複参加の許可」をデフォルトで「許可しない」から「許可する」に変更しました。詳しくは こちら をご確認ください

お知らせ connpassアカウントのパスワードを設定することで、ソーシャル認証に依存しないログインも可能となります。詳しくは以下のヘルプをご確認ください。
- パスワードの設定
- ソーシャル認証ログインが出来なくなった場合の操作
イベント管理者様・グループ管理者様も上記ヘルプを 一括メッセージ機能 にて参加者・グループメンバーへ案内して、連絡がつかなくならないようご注意ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jun

14

レガシーコードとどう付き合うか - Forkwell Library #25

Organizing : Forkwell

Hashtag :#Forkwell_Library
Registration info

参加枠

Free

Attendees
315

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

📝 開催概要

「つぎの一歩が見つかる、気づきと学びの場」 Forkwell Library シリーズ 第25弾

これまで Forkwell のイベントで登壇されたエキスパートの方々は、先達が記した書籍から「気づき」を得て実践し、振り返り、再現性のある「学び」として身に付けていく中で、実績を築いてこられました。

しかし、日々限られた時間の中で知識や情報をアップデートし続けるのはそう簡単ではありません。
Forkwell Library では、著者・訳者・実践者らを登壇者として招き、そんな思いを抱えた開発者の皆さまが「学びのきっかけ」を得られる勉強会を目指します。

今回の第25回目では2023年5月23日発売の『レガシーコードとどう付き合うか』を取り上げます。

「なぜ技術負債が生まれるのか」
「なぜレガシーコードが生まれるのか」
そういった疑問を持ったことがある人は少なくないのではないでしょうか。
本書はなぜレガシーコードが生まれるのかという背景から、レガシーコードに遭遇した場合に何から手を付ければいいのか、具体的にはどのようにレガシーコードを改善していけばよいのかを丁寧に解説しています。
基調講演では長年現場でのエンジニア経験と,直近所属していた企業では CTO としてのキャリアを歩んできた めもりーさんをお招きし、第1章「なぜレガシーコードが生まれやすいのか」と第4章「レガシーコードを改善するための準備」の解説をもとに「なぜ企業はエンジニアリングの推進が必要不可欠なのか」についてお話しいただきます。

🎁 書籍プレゼントキャンペーン

Forkwellに会員登録いただき、アンケートに回答いただいた方に一部抽選でテーマ書籍である『レガシーコードとどう付き合うか』をプレゼントします。

【キャンペーン応募の条件】
Forkwellに会員登録を行い、条件を満たした方に一部、抽選にて書籍プレゼントを行います。

  1. 新規にForkwellに会員登録を行なった方 → もれなく書籍プレゼント
  2. 以前よりForkwell会員だった方 → 会員応募の中から抽選で10名さまに書籍プレゼント!

【キャンペーン応募の条件】
については当日のYoutube 概要欄に記載します。
ぜひ、当日はYoutube の概要欄をご覧ください。


※本キャンペーンはビジネス職(営業・マーケター等)の方は対象外とさせていただきます。
※当選者に後日、書籍発送手続きフォームが送付されますので忘れずにお手続きお願いします。
※キャンペーンに関する個別のお問い合わせはこちらからお願いします。

🎤 登壇者情報

基調講演「エンジニアリングを推進する必要性」

 めもりー 氏(@m3m0r7)
「レガシーコードとどう付き合うか」著者
複数のスタートアップを経て,GameWith や BASE といった上場企業でソフトウェアエンジニアとして従事。
2020 年に株式会社トラーナに一人目のエンジニアとしてエンジニアリングマネジャー兼テックリードとして入社。2022 年 1 月に執行役員 CTO として就任。2023 年 5 月末に,執行役員 CTO を退任予定。同年 6 月より暫定無職。
PHP 関連のカンファレンスやイベントなどで数多く登壇。拙著に「Swoole で学ぶ PHP 非同期処理」,「レガシーコードとどう付き合うか」,そのほか Software Design などに寄稿。

日々,目の当たりにして嫌になる「レガシーコード」。なぜ生まれるのか疑問に思った方も少なくないと思います。
入社して任されるのはレガシーコードを改善する業務にアサインされることも多々あります。
特に IPO 後だったり,レイターステージ(上場間近のフェーズのこと)に近い企業であれば,企業であるほどこの傾向は顕著です。
運がよければ,新規プロジェクトにアサインされてフルスクラッチでコードを書くこともできますが,稀です。
そこで「初めからレガシーコードを作らないように開発をすればよかったのでは」と思うはずです。

レガシーコードを作らないことで,改善をするリソースを他のエンジニアリング業務に割けるはずです。
また,後々会社にとっても絶大なメリットがあると考えるのは必然です。

しかし,経営層はなぜ,レガシーコードを作ることを許容してまでプロダクトを作ることを選ぶのでしょうか。
なぜ,エンジニアリングの推進を,レガシーコードを生み出してまでも行わないといけないのでしょうか。

本講演では拙著である「レガシーコードとどう付き合うか」の第 1 章と第 4 章で触れている,経営とエンジニアリングの解説をもとに,長年のエンジニアとしてのキャリアと CTO としてのキャリアを得た私が,なぜ企業はエンジニアリングの推進が必要不可欠なのか,解説していきます。

⌛ タイムスケジュール

時間 内容 登壇者
19:30 オープニング(5分) Forkwell 運営
19:35 基調講演(30分)
「エンジニアリングを推進する必要性」
『レガシーコードとどう付き合うか』 著者
めもりー 氏
20:05 書籍プレゼント企画案内(5分) Forkwell 運営
20:10 休憩(5分)
20:15 視聴者Q&Aパネルトーク(40分)
20:55 クロージング(5分) Forkwell 運営
21:00 終了

※ プログラムは変更となる可能性があります。随時こちらで更新いたします。

🤝 主催・協力

主催:Forkwell(株式会社grooves)

「つくり手と、未来を拓く。」というビジョンの元、「自分を知り、成長する」きっかけを提供する無料ポートフォリオサービスをはじめ、ITエンジニアに特化した求人・転職支援サービス、役立つ情報や場の提供などを通じて、ITエンジニアのキャリアに新しい選択肢を提示することで、人生の可能性を拡げるお手伝いをしています。

⚠️注意事項
  • 当イベントの内容およびスケジュールは、予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
  • Forkwell の宣伝をさせていただく時間がございます。予めご了承ください。
  • エンジニアの方を対象としたイベントのため、非エンジニアの方のご参加、ならびに同業に属する方の当イベント内でのリクルーティング活動につきましてご遠慮いただいております。
  • ブログやSNS等で当イベントに関する発信を行う際は、公序良俗に反する内容のないよう、ご協力をお願いします。
  • 当イベントはオンライン開催のため、双方の通信状況により音声や映像に乱れがある場合がございます。
  • 配信トラブル時のアナウンスはTwitterよりイベントハッシュタグをつけて行います。
また、ご参加者の方々が最大限楽しんで頂けるよう、運営サイドで参加にふさわしくないと判断させて頂いた方については、イベント中であろうとご退席をお願いすることがございます。
  • 保険、宗教、ネットワークビジネスの勧誘が目的と見られる方
  • その他運営サイドで参加が不適切だと判断した方
誠に恐れ入りますが、あらかじめご了承くださいませ。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

Forkwell 運営事務局

Forkwell 運営事務局 published レガシーコードとどう付き合うか - Forkwell Library #25.

05/23/2023 12:05

レガシーコードとどう付き合うか - Forkwell Library #25 を公開しました!

Group

Forkwell Community

『つぎの一歩が見つかる、つぎの一歩を応援する』コミュニティ

Number of events 252

Members 24727

Public

2023/06/14(Wed)

19:30
〜 21:00

Please login to register

Registration Period
2023/05/23(Tue) 12:02 〜
2023/06/14(Wed) 21:00

Location

YouTube LIVE

オンライン

YouTube LIVE

Attendees(315)

smeghead

smeghead

レガシーコードとどう付き合うか - Forkwell Library #25 に参加を申し込みました!

ターク

ターク

レガシーコードとどう付き合うか - Forkwell Library #25 に参加を申し込みました!

Ryota Horiuchi

Ryota Horiuchi

レガシーコードとどう付き合うか - Forkwell Library #25 に参加を申し込みました!

g08m11(morei代表)

g08m11(morei代表)

レガシーコードとどう付き合うか - Forkwell Library #25 に参加を申し込みました!

musashino_police

musashino_police

レガシーコードとどう付き合うか - Forkwell Library #25 に参加を申し込みました!

macchiitaka

macchiitaka

レガシーコードとどう付き合うか - Forkwell Library #25 に参加を申し込みました!

DDDlucky

DDDlucky

レガシーコードとどう付き合うか - Forkwell Library #25 に参加を申し込みました!

kana

kana

レガシーコードとどう付き合うか - Forkwell Library #25 に参加を申し込みました!

5m0L8tdNFEKcwZX

5m0L8tdNFEKcwZX

レガシーコードとどう付き合うか - Forkwell Library #25 に参加を申し込みました!

achkeev

achkeev

レガシーコードとどう付き合うか - Forkwell Library #25 に参加を申し込みました!

Attendees (315)

Canceled (3)