注意 現在X(旧Twitter)でのソーシャルログインができない事象を確認しています。事前にX(旧Twitter)側で再ログインした上でconnpassのソーシャルログインを行うか、
「ユーザー名(またはメールアドレス)」と「パスワード」の組み合わせでのログインをお試しください。合わせてFAQもご確認ください。

お知らせ 2024年9月1日よりconnpassサービスサイトへのスクレイピングを禁止とし、利用規約に禁止事項として明記します。
9月1日以降のconnpassの情報取得につきましては イベントサーチAPI の利用をご検討ください。

お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、イベントサーチAPIの提供方法の見直しを決定しました。2024年5月23日(木)より 「企業・法人」「コミュニティ及び個人」向けの2プランを提供開始いたします。ご利用にあたっては利用申請及び審査がございます。詳細はヘルプページをご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jun

27

Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術

専門家に学ぶ課題と実践

Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術
Registration info

聴講枠(オンラインにて制限なし)

Free

Attendees
369

Attendees
_yasio
rinascimento730
mori_ryuji
vw
bootjp
Takayoshi Makabe
doi_4488
中村友哉
RyousukeNakazato
shohei_0613
View Attendee List
Start Date
2024/06/27(Thu) 19:00 ~ 21:30
Registration Period

2024/05/27(Mon) 16:07 〜
2024/06/27(Thu) 21:30まで

Location

YouTube LIVE

オンライン

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

過去の Data Engineering Study のアーカイブはこちらからご視聴いただけます。

開催内容

概要

本イベントは、Infra Study Meetup を運営する Forkwell と、データ基盤の総合支援サービス「TROCCO®️」の開発・運営を行う primeNumber による共催イベントです。データ分析に精通した講師をお招きし、データ分析基盤の「これまで」と「これから」を学ぶことを趣旨として開催いたします。
複数回にわたって、各回テーマに沿った内容で各分野でご活躍されているエンジニア/研究者に講演いただきます。
質疑応答の時間には、ゆずたそ氏(@yuzutas0)にもご参加いただきます。

プログラム第24回「データドリブン組織を支える技術 - 専門家に学ぶ課題と実践 - 」

専門家以外にも直接手を動かしデータ利活用をする組織も少なく無いのではないでしょうか。
そこでData Engineering Study第24回では、そのような組織においてデータ利活用の専門家がどのような課題に取り組んでいるのかお話を伺っていきます。

基調講演「Analytics Engineeringチームを立ち上げて学んだこと」

 永井 伸弥 氏(@hiza
株式会社メルカリ マーケットプレイス事業部 BI & Research platform team Manager
製薬企業の情報システム部門、ソーシャルゲーム開発会社などを経て、2019年メルカリ入社、データ基盤の整備とデータ分析の民主化を行うBI & Research platform teamを立ち上げ、チームマネージメントを担当。


LT1「データドリブン組織の継続的拡大のためのヒント」

阿部 昌利 氏(@ABE_Masatoshi
株式会社ヤプリ プロダクト開発本部 データサイエンスグループ マネージャー
修士まで心理統計学を学んだあと、株式会社帝国データバンクにてデータサイエンティストとしてのキャリアをスタート。その後、株式会社コロプラやオリックス株式会社、株式会社AbemaTVで分析チームの創成期にジョインし、サービス規模拡大を担う。キャリア10年目の2020年4月、株式会社ヤプリへジョイン。

▍発表内容

複数の事業会社での13年間の経験を踏まえて、どういう力学が働くとデータ活用が全社横断的に推進されやすいのかお話しできたらと思います。できるだけ原理原則としてまとめられるように、頑張ります

LT2「GA technologiesの経営戦略から駆動するデータ基盤構築」

奥村 純 氏(@pacocat
株式会社GA technologies 執行役員 CDO
2014年京都大学大学院理学研究科で博士号(宇宙物理学)を取得。その後、大手インターネット関連事業会社にてデータアナリスト・機械学習エンジニア・AIプロダクトマネージャーを歴任。多くのサービスで、KPIマネジメント、データプロジェクト、データ基盤構築などをリード。2020年以降は複数の企業で執行役員・最高データ責任者などを歴任。2024年、株式会社GA technologiesに参画。『データサイエンティスト養成読本 ビジネス活用編』『強化学習第2版』(監訳)など、出版・発信活動も積極的に行っている。

常住 彰
株式会社GA technologies Data本部 DataManagement部 データエンジニア
2015年、新卒でデジタル系の広告会社に入社。メディアプランナーを経て、社内異動でBIエンジニアとなり、そこからデータマネジメントのキャリアが始まる。SIerを経て、2020年に株式会社GA technologies入社。データエンジニアとしてデータ基盤の運用保守、データ民主化に従事。

▍発表内容

GA technologiesは、「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を生む世界のトップ企業を創る。」を理念に掲げ、不動産をはじめ、さまざまな産業のビジネス変革に取り組んでいます。
弊社が主軸としている不動産業界はアナログなやり取りや情報の非対称が残る領域です。デジタル化が困難な領域だからこそ、未開拓な市場のポテンシャルは大きく、様々な領域で発生する不動産のデータを集約・管理するデータ基盤を戦略の中心に据えています。
本講演では、データ基盤構築を「どのように経営目線のプロジェクトとして落とし込んでいるか」「今後どのような構想の元プロジェクトを進めようとしているか」について紹介します。
データマネジメントは「トップ層の理解を得られにくい」「コストセンターと見られがち」という多くの方が感じている課題に対して、少しでも参考になる話ができればと思っています。

タイムスケジュール(目安)

時間 内容
19:00 オープニング(5分)
19:05 基調講演(40分)
永井 伸弥氏「Analytics Engineeringチームを立ち上げて学んだこと」
19:45 共催LT1(5分)Forkwell
19:50 質疑応答(15分)
20:05 LT1(15分)
阿部 昌利 氏「データドリブン組織の継続的拡大のためのヒント」
20:20 LT2(15分)
奥村 純 氏 × 常住 彰 氏「GA technologiesの経営戦略から駆動するデータ基盤構築」
20:35 共催LT2(5分)primeNumber
20:40 質疑応答(20分)
21:00 クロージング(5分)
21:15 完全終了

※ タイムスケジュールは目安です。完全解散21:15までの間で、より参加者にご満足いただける形で各コンテンツ時間が調整される場合がございます。
※ プログラムは変更となる可能性があります。随時こちらで更新いたします。

開催背景

Forkwell からのコメント

本イベントは、Infra Study Meetup に注目していただいた primeNumber さまからのお声がけで実現したイベントです。Infra Study Meetup とは主催する団体、扱うテーマが異なることから、別シリーズとして立ち上げました。Infra Study 参加者と共に得たイベントノウハウを継承し、データ分析領域でも学びの場を作ります。
本家 Infra Study にご参加いただいた方はもちろん、データ分析に関心のある方ならどなたでも参加可能です。エンジニアリングと密接に関わるデータ分析領域について楽しく学んでいただけましたら幸いです。

primeNumber からのコメント

弊社はデータ基盤の総合支援サービス「TROCCO®️」を運営しているのですが、その中で「どういう分析基盤を作っていけばいいのか?」というご質問をよく伺います。そのような方向けに何か有益な情報をご提供できる場はないかと考えた時に、本イベントの開催を思いつきました。
そんなタイミングで、「Infra Study Meetup」という反響が大きいイベントがあるのを見つけ、「データ分析基盤」版を作りませんかとお声がけした所から開催に至りました。
これから分析基盤を作ろうとされている方や、現在運用中の基盤の改善アイデアを探している方に、有益な場に出来ればと思っております。

関連セミナー

本勉強会を共催しているprimeNumber社と今回ご登壇いただくGA technologies社が開催するセミナーのご案内です。

不動産投資「RENOSY」が実践 効果的な営業活動を可能にするデータ活用戦略

顧客満足度の向上と営業担当者の負担軽減のために、営業活動の効率化はどの企業にとっても重要な課題です。
従来の営業手法に頼るだけでは営業担当のモチベーションに波があり、限界を感じている方も多いのではないでしょうか?
本セミナーでは、アナログな不動産取引をテクノロジーで再構築する、ネット不動産投資サービス「RENOSY」が、 データ分析とテクノロジーを活用し、どのようにサービス・営業組織をスケールさせてきたのか。その戦略や実践事例をご紹介します。
プレイドオフィス(銀座)でのオフラインのイベントとなります。イベント終了後には、簡単な交流スペースをご用意しておりますので、ぜひご活用ください。


これまでの勉強会で扱ったテーマとアーカイブ動画

留意事項

主催・協力

主催/コミュニティ支援協賛

ITエンジニアのキャリアに本気で向き合う転職サイト Forkwell(フォークウェル)



データ基盤の総合支援サービス「TROCCO®️」の開発・運営を行う primeNumber

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

chloebailey262

chloebailey262 wrote a comment.

2024/06/07 11:30

「さまざまなパートナー様がいる中、新しいサービスに対して実験精神をもって活用してみて、そこで得た知見を公開している企業は少ないと思います。 https://papas-games.io

フォークウェル運営事務局

フォークウェル運営事務局 published Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術.

05/27/2024 16:08

Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術 を公開しました!

Ended

2024/06/27(Thu)

19:00
21:30

Registration Period
2024/05/27(Mon) 16:07 〜
2024/06/27(Thu) 21:30

Location

YouTube LIVE

オンライン

YouTube LIVE

Attendees(369)

_yasio

_yasio

Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術 に参加を申し込みました!

rinascimento730

rinascimento730

Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術 に参加を申し込みました!

mori_ryuji

mori_ryuji

Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術 に参加を申し込みました!

vw

vw

Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術 に参加を申し込みました!

bootjp

bootjp

Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術 に参加を申し込みました!

Takayoshi Makabe

Takayoshi Makabe

Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術 に参加を申し込みました!

doi_4488

doi_4488

Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術 に参加を申し込みました!

中村友哉

中村友哉

Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術 に参加を申し込みました!

RyousukeNakazato

RyousukeNakazato

Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術 に参加を申し込みました!

shohei_0613

shohei_0613

Data Engineering Study #24 データドリブン組織を支える技術 に参加を申し込みました!

Attendees (369)

Canceled (7)